がんにかかった人でも入れるがん保険の特徴

テレビなどでがん保険のコマーシャルが流れてくる事がありますが、その中でがんにかかっていても入れる保険というフレーズを良く耳にするかと思われます。

自分や家族でがんになった人がいるのであれば加入してみたいと思われるでしょう。しかしがんの再発リスクは高く、一般の人と同じ条件で加入できる訳ではありません。この事をよく踏まえてから加入を検討した方が良いでしょう。

確かにがん保険において過去にがんと申告され、治療を受けた人も加入出来るようになっています。ただし条件として現在、完治して一定の期間が経過している事、がんの進行状況はステージ1とか4などがありますか進行度が大きいと完治してから10年以上経過していないと加入出来ないケースもあるようです。

最近では外資系保険会社ではその条件を緩和しているところもありますが、いずれにしても保険料が割高になり特約などの条件も厳しく制限されるのは避けられません。

今後更に自由化が進み、比較的掛金の安い商品も出てくるかも知れません。とは言え保険会社も保険金を支払うというリスクを重要視している以上、何かしらの条件が制約される事も覚悟した上で慎重に商品を選ぶようにしなければなりません。